高次元の安定性を目指す

鉗子(かんし)の先端数ミリでの動作が求められる腹腔鏡手術では「体幹の安定」が手術の安定性に大きく影響を及ぼします。

長時間の中腰姿勢でも筋肉に負担を与えずに「歩く・座る」を繰り返す事が可能なarchelisによって、術中の安定動作の向上が実現できると考えます。更に医療従事者が抱える特殊な環境での中腰姿勢をサポートできる器具として、可能性を感じています。

千葉大学フロンティア医工学センター
准教授 川平 洋 博士(医学)

兼務:千葉大学医学部附属病院食道・胃腸外科

 

オペ室では確実な動作と器具への安定性が求められています。電力を使用しないアナログ機器ならではの”常に使える”という要素とコード接続が不要というポイントが安定した高いパフォーマンスを実現します。

膝関節及び足首の角度固定ができ、中腰の姿勢で「座る」事ができます。

スネと大腿部の広い面積のサポートで圧力を分散しながら体重を支える事で術中の筋肉疲労を低減し、安定した長時間の姿勢保持を行う事ができます。

片足づつ独立したセパレート設計は、姿勢に合わせてスタンスを自由に取れる事が特徴です。

特許出願中

身体へフィットする

"歩く+中腰姿勢の維持"を

エルゴノミクスデザインで、

繰り返し行う事が可能です

オペ室という特殊環境に

最適化された

コードレス

及びノンエネルギー設計

「archelis(アルケリス)」は

生まれた

医療現場のニーズから

ウェアラブルチェアです

長時間手術での着用者の負担軽減を目的に 「強靭・軽量」という相反する要素の両立を目指しています。

耐荷重が集中する構造部には、町工場で長年培ってきた加工技術を盛り込んだ金属パーツを使用。体重を支える部位は広い面積をカーボンパーツにて構成。柔軟性があり人体に対してフィットする仕様になっています。

強靭・軽量・柔軟性を
”金属+カーボン”の
素材構成で実現しました
 

お問い合わせ

archelisは現在開発中であり購入できません。価格や販売時期は未定です。最新情報は随時更新します。
Archelis is currently under development. The product is undecided the price and release date to sell it.
We will update the information of the development in this page.

  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

News

Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
  • Facebookの - 灰色の円
  • YouTubeの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円

Copyright© Archelis Inc. All rights reserved.

Archelis Inc.